育児雑記「3人のこども」

3人の子供を持つ母による、日々の成長や感じた事などの子育記
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
■ The heartfull BOX・HOME
■ちさ@LifeStyle ・仕事Blog
~CHISA的Spiritualism~と仕事のお話


■Ranking■







↑↑↑よかったら
クリックしてください。


++ぶろぐりんく++
Kuma's Family Diary
あくびの★ママン★日記


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
アップリカ
from アップリカ
こんにちは。
from 英会話の玉手箱@0才からの英..
育児おすすめ無料レポート..
from 育児おすすめ無料レポート
元おかあさんといっしょの..
from あくびの★ママン★日記
【PHENIX(フェニッ..
from 誰も知る事のない明日へ 〜T..
今回はちょい早めに定期更..
from ちさ@WorksBlog
スタイルシート奥深いなぁ..
from ちさ@WorksBlog
寝返ってしまった〜!
from 育児雑記「3人のこども」
動物[カンガルー]
from 動物辞典: 動物[カンガルー]
あらら?
from ちさ@ぶろぐ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:働く母のつぶやき( 15 )
ひさびさの更新です
久々の更新からまたまたかなり空いてしまいました・・
沢山ネタはあるものの、なかなか・・・・

d0012660_16314075.jpg
仕事の状況が大きく変わってしまったり、そういう自分を取り巻く環境の状態がめまぐるしくなかなか落ち着いてブログ書いたりもできませんでした。

仕事も変わり、ようやく先の方向が見えてきたところで、
また相変わらずかもしれませんがぼちぼち更新して行こうかなって感じです。

撮った写真もいっぱいたまっちゃってるよ・・・(^▽^;)
[PR]
by mcchisa | 2006-11-10 16:33 | 働く母のつぶやき
アマリリス
d0012660_2357662.jpg最近買ったアマリリス。
朝見たら、花がひらいていた。
毎日忙しい中で、
育って行く姿をみて時々癒されていた。

考えてみたら花を育てたのって何年ぶりだろう。






d0012660_2357589.jpg仕事を終えて、保育園に迎えに行く前にふと見たら
さらに花がひらいていた。

結構想像していたよりも大輪の花でとても誇らしげに見えた。

花の後ろにもまだつぼみがあるのでこれからまだまだ咲きそうだ。


ちょっとしたことがきっかけで買ってみた。
きっと今までの中だと花を買ってきて飾るとかはあるかもしれないが
育ててみようという発想に自分からはならなかっただろう。
でも、こんななんでもないことが
心のオアシスになることもあるんだな。

寒さの厳しい冬が終わり、もう春なんだよと
優しく話しかけてくれているみたいだ。
私も厳しく辛い日が多かったけれど
これからは少しずつ楽になって行けるような気がした。
[PR]
by mcchisa | 2006-03-08 23:56 | 働く母のつぶやき
本当にスタミナ切れになりそうだけど・・・
小さいうちはしょっちゅう病気もしがちだ。
今までも3人になるまでその繰り返しできていたんだけど、
さすがに3人になって李果が小さいうちの法定伝染病が続いたり
いろいろ重なりながらもなんとか日常こなしてきたけれど・・・

年明けて、毎週呼び出される。
しかも、保育園で熱をだしたと電話があり、
仕事中断させて迎えに行き、病院へ連れて行くも
家に戻ってくるとたいてい下がっている。
2月は李果が特にずーっとそんなカンジで、
38度でた次の日はいくらその日に熱が下がっても
次の日は連れてきてはいけないことになっている。

確かに、0~1歳のうちは何があるかわからないし
急変することも多い。

連れて帰ってきたうちに、微熱~平熱に戻るので
次の日は元気元気なので一日相手で終わる。

もちろん仕事にならないので、
連れて帰ってきた日の夜は子供たちが寝てから
なるべく次の日に仕事しなくてもすむように夜中に仕事することになる。

保育園の送り迎えも誰かが病気で連れて行けなくなったとき、
また、自分が高熱出したとしても誰にも頼れない。

昼は相手する
夜は仕事する

毎週これが繰り返されていくとさすがに精神力もけっこうきつくなってきた

こんなことを書いている自分が嫌だなと思う。

でも、1人より2人、2人より3人
子供が増えれば小さいうちは誰かしら病気になるし、
その日数が重なれば連日連月になっていくのは当たり前だし、
一つ一つは小さいことかもしれないが、これが積み重なったことを
考えると、本当に仕事をしている女性が子供を産む、兄弟を生むということは
かなりの覚悟が必要なんだということが、もっと社会全体に理解して欲しいと
強く思うから。

私はまだいい。
なんだかんだゆっても、自分で仕事をやっていて、しかも在宅。
会社休んだとかそういった精神的な圧迫はまだない。
けれど、大半は社会に出て働いている母が多いのだ。
そんな母親の精神的な圧迫や切羽つまってくる気持ちを
一体だれが理解するだろう。

普通に休むだけでも心苦しいのに、それが毎週毎月となっていくのを
分かっていて、子供を生み育て働き続けるということが
どれだけの精神力が必要であり、みんなその中で戦っているということを。

実際に経験してみないと分からないんだ。

本当に、母親の生の声を取り上げないことには、
いくらうわっつらの少子化対策なんか唱えていても、全然わかっていないよな・・・・・
と感じる。

でも、母親は強い。
子供を守りたいから。
どんな辛くても、疲れていても、守るべき存在があるからこそ
いろいろ愚痴もいうし弱気にもなるが、やっていけるのだ。
[PR]
by mcchisa | 2006-02-28 12:27 | 働く母のつぶやき
ひさびさに体調崩した・・・
今週の頭から、いきなり夕方背中がゾクゾク・・・・・
なんか急に寒くなってきたなぁ。。。と思ったら・・・
急に発熱!38.5℃。

ようやく子供たちも落ち着いてやっと仕事に集中!遅れを取り戻さなきゃ・・・
と思っていたところだったのでまさか自分が・・・・

保育園に迎えに行くころ、腰もすごく痛くなってきて
なんとか迎えにたどりつくも家に帰ってきてからあまり記憶も無い。

次の日パパに朝起こされ、ぼーっとした状態で体を起こすも
39℃まで上がってしまった。

まさか・・・・まだ家族は誰もかかっていないのに・・・
これがインフルエンザ???(いまだ一回もやっていないのだ・・・)
と思い、自分がしんどいとかいう以前に、かかってたら家族や世間に迷惑じゃん!!
はっきりさせなきゃ・・・という思いが先にきて、
ひとまず本日の最低限の仕事(それでも働く母は仕事するんです・・・(涙))を
終わらせ、保育園へ迎えにいってから病院へ。

検査って初めてやったけど・・・・・
あーーーーーーーーーーーんなに痛いのっ??
これを・・・ウチの子供たちはこないだの発熱の時に経験したのか・・・
とか思いながらやっと終わったと思ったら

「はい、もういっぽんやります」

ええ??

「ふつうの医者は一回で終わりですが大学病院は2回やるんですよ。はい」

とかいわれ再び・・・・・(涙)

はっきりいって注射や点滴とか手術の脊髄注射のほうがましだーーーーって
思うくらい痛かったんですけど・・・・

で、結局2回取って検査してすべて陰性・・・でした。。
じゃあこの高熱はなんなのさ???ということなのですが・・・・

扁桃腺・・・でした。

そういやツバ飲み込むだけで耳の後ろあたりが痛い・・
しかも数年前にこれで私は1週間入院してしまったという経験有り。

多分、李果が生まれてやっとこの間1歳になり、
少しほっとしたのか気が緩んだか・・・・
なんだかたまっていたものが一気に弱いところへ来てしまったという感じ・・・

李果を生んで、2月だけお休みして、3月からは仕事(在宅なだけに・・・)も
復活をしなければならない状態だったし、以降子供増えた・仕事もなんか増えちゃった・・・
新しいことだらけで今までにやったことないことだらけでこれ以上は今までになかったよね?
と思えるような感じの1年だったから・・・・
ようやく落ち着き初めて、

「ワタシの体も疲れてたんだよ!!!休ませてよ!!!」っていうかのようだ。

少しだけ休もう。
少しだけゆっくりしよう。
家族の為に、自分の為に。
そしてこれからまた始まる新しい未来の為に。
[PR]
by mcchisa | 2006-02-11 00:45 | 働く母のつぶやき
このごろのこと
実は、6月から順番に伝染病が相次いだ裏で、密かに新しく仕事をやろうとしていた。

普段は在宅でweb制作の仕事を取引先から仕事を頂いてやってきているが、
最近はそれも少し限界というか、時間的な部分で辛いと感じ始めてきている。

内容はさまざまなのだが、内容によっては1ヶ月その事にとらわれてしまうこともあり、
毎回の定期更新のように慣れている作業だと、時間のコントロールも
なんとかうまくつけるのと、時間的に見通しがある程度たてられるのだが、
新規サイトなど1から構築ものとなると、
やはり、ヘタすると缶詰状態が続いてしまうこともある。

今までのweb制作の技術を今度は自分のやりたいことの為に注ぎ込もうと考え始めたのが
今年5月の末くらいからだった。
予想に反して病気が続き、目先の仕事も山積みでなかなか自分の為の時間が取れない
ジレンマに、はがゆい思いをしながらも、今なんとか少しずつではあるけれど随分形になってきた。

6月から今まで、新しい出会いがあったり、人間関係のありがたさ、
仕事も子育て含めて自分を取り巻く環境で、
本当にいろんな人々に支えられて自分も立っていられると痛感しています。

ここらで、いっきに準備の加速をさせたいところだけれど、そろそろまた定期更新系の仕事が入ってきそうなので、またそれが終わるまで自分の事の方はお預けになりそうですが、
地道に少しでも進めていたら必ずたどり着けると信じて今月も頑張ろうかなと思う。
[PR]
by mcchisa | 2005-10-03 04:08 | 働く母のつぶやき
さすがに最近お疲れモード・・・
今月は初日から李果が下痢でしばらく保育園お休みで自宅看病。
続いて2週目は裕也が水疱瘡でしばらく保育園お休み。
ようやく復活!で保育園へ行ったその日に今度はパパが急性虫垂炎で緊急手術・入院。
良くなり、仕事も復活したかと思ったその日に今度は颯人が水疱瘡。
以後今日も休園中。

今月は今月仕上げの仕事がかぶりまくってるし忙しい月だが、もう月末になんて出来ないので先方にもなんとか事情をわかってもらって少し猶予を貰ったけれど全然はかどらない。

今日は午後から頭もガンガンして来た・・・
さすがにちょっと疲れてきたかも・・・。

李果もまだ水疱瘡は発症してないけれど、7月に入ってからどうか・・
まだまだ気が抜けない。

6月は今までにないほど、いろいろ重なってる月だった・・・

てか、しばらく今後もこんな感じなのか・・・?(^^;)
[PR]
by MCCHISA | 2005-06-29 16:14 | 働く母のつぶやき
今度はパパ・・・・
昨日から保育園復帰した裕也と交代で、仕事中にパパが腹痛をうったえ、
病院へ運ばれた。

急性虫垂炎(盲腸)でした。
今夜中にも手術した方がいいとのこと。

今回、同じ保育園の仲の良いママがいなかったらどうなっていただろう・・・・

自分ちの子供2人もいる上にうちの3人も一緒に保育園へ迎えにいってくれ、
今夜はお泊りまでさせてくれた。
保育園からの帰りは当然、1人で5人も連れて帰れるわけもなく、
園長先生や主任先生もついて来てくれたそうだ。

そのおかげで、パパの入院準備や手術の手続きなどが出来た。

もし、見てくれる人が居なかったとしたら・・・

3人つれて、病院へ行き、検査結果を聞いて、
また3人つれて入院準備をして
再び3人つれて入院や手術の手続き・・・
そして手術が終わる夜中まで病院で・・・
それはかなりキツイ。

同じ保育園のママが、ものすごく大きい存在に感じた。
とっても有り難かった。
1人ってなんて非力なんだろうって痛感した。
[PR]
by mcchisa | 2005-06-15 04:14 | 働く母のつぶやき
弘道お兄さん
そういえばこの間やった仕事関係のサイトで
元「おかあさんと一緒」の体操のお兄さん、弘道お兄さんを見つけました!

しかし・・・なんでこんなところでっ!w
すごいびっくりです。

でも、この講演・・・
見てみたいてか参加してみたいかもっ(≧∇≦)

ここにおすすめイベントでのっていた笑顔満開の弘道お兄さん
[PR]
by mcchisa | 2005-05-27 01:49 | 働く母のつぶやき
時間がずいぶんたってしまったが・・・
仕事ではないが、自宅サーバーを作って、
webコンテンツやプログラミングの勉強なんかもしている。

結構前にやりたいなって思っていたこと
この時に考えていた=>自分の意志とは無関係に時間が流れて行く・・・
がようやくなんとか形になりました。

研究/開発/勉強って、本当にまとまった時間がないとなかなか出来ないし・・
[PR]
by mcchisa | 2005-05-19 10:10 | 働く母のつぶやき
「世界がもし100人の村だったら」を見て
土曜日にやっていたTV番組の中で、13歳で母になり子供を育てて行く話しがあった。

13歳で母。
しかもシングルマザー。

それだけでも想像つかない現実だろう。

仕事がなかなかみつからない。
赤ちゃんを育てて行くために毎日仕事を探し、悩み苦しむ姿がとても痛々しかった。

番組の中のナレーションで

「子供のために、仕事を探しているのに、その子供が原因で、仕事がみつからない」
「子供のために、仕事をしようとしているのに、その子供が原因で、仕事がなくなりました。」

それを聞いた時、状況違うとはいえ、とっても胸につきささる言葉だった。

私も、裕也が産まれた時、仕事するにも預けれない。
保育園に申し込むには仕事していなければならない。
現実はとても矛盾していると感じた。

主人が仕事帰って来てから仕事へ行くまでの夜中に仕事へ行き始め、
その後は子供を連れてコンビニのバイトへ行った事もあった。
レジを打っている時、かすかに事務所から泣き声が聞こえて来たこともあった。
まだ、その店のオーナーがとても協力的な方だったから救われた。
普通ならこんなことありえない。
5〜10分すこし抜けさせてもらい、ミルクをあげてまた仕事再開。

裕也は事務所の机の上でクーハンの中ですやすやと良く寝ていてくれた。
もし、あの番組の彼女のように、泣いて泣いてどうしようもなかったら
きっと働けていなかっただろう。

今こうして、子育てしながら在宅メインで仕事が出来る様になったことを
改めて感謝しなければと思った。

在宅仕事は自由に見えて実際は不自由かもしれない。
けれど、子供を抱えながら仕事するにはむいているのかもしれない。

小さいうちは、すぐ病気もする。
通っていたら、しょっちゅう休まなければいけないだろう。
当然、休みがかさめばクビになって当たり前だ。

番組の彼女はとても強かった。
子供を守るために。
投げやりにならないで、一生懸命断られても断られても仕事を探し続けた。
子供が病気になっても薬も買ってあげられない。
それでも守ろうと必死で生きてる姿。

仕事がきついとか、それがなんだろう。
子供を育てるため、今の自分には仕事があるではないか。
自分の甘えた環境がとても恥ずかしく思えた。
[PR]
by mcchisa | 2005-05-16 03:11 | 働く母のつぶやき